パン

社会人向けの専門学校

社会人になってベーカリー開業という新たな目標を持ち、仕事をしながらベーカリースクールに通うことも可能です。ベーカリーの専門学校では週に1日の授業なので、仕事と両立しながら新しい道に進むための準備をすることができます。初心者や未経験者であっても、パン作りの基礎から学ぶことができるので、新しい世界に飛び込んでみたい、自分の店を持つという夢を叶えたいという人を応援します。週1の授業なので、無理なく学べます。

独立に向けたスキルを学ぶ

ベーカリー開業に当たっては、パン作りの基礎から経営学に至るまで幅広く学べるカリキュラムが充実しています。歴史のあるベーカリースクールであり、生徒の殆どがパン作りははじめてという方ばかりなので、皆スタートラインはほぼ同じです。専門学校入学すると、授業の大半を実習に当てることになります。講師陣は実際にベーカリーを経営していたり、長年パン作りの指導に当たってきた経歴を持つプロばかりなので、しっかりと指導を受けられるのです。

充実した実習制度

専門学校は設備が整っています。パン作りとなると、自宅では思うように学ぶことができないというデメリットを克服する上でも、ベーカリーの専門学校で学ぶことはとても意味があることです。大きなオーブンや発酵の設備が整っていて、まるで本当のベーカリーのような臨場感のある環境の中で指導を受けます。実習はベーカリー開業を目指したり、パン屋に就職することを目指す人にとっては、思う存分のびのびと学ぶことができる優れた環境です。

少人数制の実習のメリット

実習はすべて少人数制となっています。大人数のクラスだと講師の目が行き届きにくくなるという点を克服するために、少人数制の授業に切り替えたところ、実習の授業に対する学生の評価が高まりました。実習では、動画撮影を許可しています。家に帰ってから復習する上で、動画はとても役に立つからです。過去の授業の動画を視聴することができるメディア・ライブラリーも充実していて、実習で習った部分の復習に役立ちます。講師はすべて現役のパン職人なので、ベーカリー開業に当たってのプロとしての心構えやパン作りのコツなどを教えてもらうことができるのです。実習は受け身ではなく、生徒の自主性を重んじています。そのため、実習中に質問をしたり、より深く学びたいことがあれば、講師にメールをして指導を受けることができるのも専門学校の魅力です。学生にとっては優れた環境の中でメキメキと力をつけることができます。

広告募集中